So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

百万石の留守居役(五) 密約   上田秀人 [読んだ本]

s-17.03__05.jpg


四代将軍家綱の死により、次期将軍

として西の丸に入った綱吉は、酒井

雅楽頭により命を狙われる。

加賀の前田家、
堀田備中守に、酒井

雅楽頭か仕掛ける。



留守居役として若すぎる瀬能数馬には

難題が降り注ぐ。

数馬はどう対処していくのか?

むふぅぅ[黒ハート]

今回も面白かった。[かわいい](*´ω`*)
[かわいい]


nice!(20)  コメント(0) 

百万石の留守居役(四) 遺臣  上田秀人 [読んだ本]

s-17.03_03.jpg

四代将軍家綱から五代将軍綱吉に

なろうとしている時代。



四代将軍家綱の死により、次期将軍として

綱吉が西の丸に入った。

綱吉が将軍となる前に、酒井雅楽頭は

自分が退いて露見されたくないものの

後始末を始める。

その時間稼ぎのための行動に出る。

堀田備中守の目を逸らすため

伊賀者を使い、綱吉の命をも狙う。

そして加賀の前田家も巻き込まれていく。

今回も面白かったぁ~~~[るんるん][るんるん][るんるん]


nice!(22)  コメント(2) 

一鬼夜行 鬼の福招き  小松エメル [読んだ本]

s-17.03__02.jpg

いつのまにやら新刊が出ていたので

図書館から借りてきました。[ぴかぴか(新しい)]
[本][ぴかぴか(新しい)]

猫股の長者との戦いで、大妖怪としての

力を失った鬼の小春。

喜蔵の住む“荻の屋”に居ついた

小春は、“妖怪相談処”を始める。

相談処は、大繁盛するがそれには

理由があった。

うん、面白かったっ。[かわいい](*´ω`*)[かわいい]


nice!(19)  コメント(0) 

マルティーニ アスティ・スプマンテ 200ml/ロゼ 200ml 各3本 [モラタメ]

久しぶりのモラタメで、“タメせる”やつ。

マルティーニ

   アスティ・スプマンテ 200ml

   ロゼ 200ml

         各3本

税込1,620円で、タメしてみました。 

s-17.04__02.jpg

スパークリングワインは、飲みきりたい

から割高になるけれど、200mlの少量

サイズが私にとってはベストなのよねぇ。

s-17.04__01.jpg


週末の楽しみにしておいたミニサイズ。

早速飲みました。[黒ハート]
[黒ハート](o´艸`)[黒ハート][黒ハート]





フルーティーで、甘いスパークリングワイン。

間違いなく美味しい[るんるん]

小さいサイズだと割高だけど、そもそもが

安いからまぁいっかぁぁ[揺れるハート]って感じになり

ますね。(*´ω`*)


nice!(21)  コメント(0) 

まことの華姫  畠中恵 [読んだ本]

s-17.03__01.jpg

時代は、江戸。

元人形師である月草は、木偶の姫様人形

お華を遣って、口を動かすこと無く、声色

も変えて、見世物小屋でお客を楽しませ

ていた。

そんな姫様人形のお華は、真実を語る

“まことの華姫”とも言われていた。


そんな月草と姫様人形お華が、江戸の

事件を解明していく。

面白かったぁ~~~[かわいい](*´ω`*)[かわいい]




nice!(24)  コメント(1) 

百万石の留守居役(三)新参  上田秀人 [読んだ本]

s-17.03_.jpg

四代将軍家綱の時代。

病弱な家綱のあとにと、次期将軍として

酒井雅楽頭より打診されていた、
加賀

藩主 前田綱紀。



前田直作の江戸入りに警備役として

同行した加賀藩士の瀬能数馬は、

無事に江戸藩邸に到着。

前田綱紀に目通り後、加賀藩江戸

留守居役に抜擢された数馬。

数馬の教育係 五木と共に

慣れぬ吉原での接待が始まる。





面白かった。

数馬は江戸へ出発する前に

五万石の姫・琴と婚約としている。

琴は、五万石 本多政長の出戻り

娘。


留守居役、吉原、接待、女、

女を知らない数馬。



いろいろと問題がでて、

これまた面白かった。(*´m`*)




nice!(24)  コメント(0) 

思惑  百万石の留守居役(二)  上田秀人 [読んだ本]

s-17.02_03.jpg

四代将軍家綱の時代。

病弱な家綱のあとにと、次期将軍として

加賀藩主前田綱紀に酒井雅楽頭より

打診されていた。

加賀藩内では、賛成と反対に別れ

ただ1人の賛成派の前田直作が度々

命を狙われた。

直作の身を案じ、藩主綱紀は

直作を江戸藩邸に呼び寄せる。

江戸迄の道中も命を狙われる危険が

あるため直作は、剣の腕が立つ加賀

藩士の瀬能数馬を警備役として同行

させる。



数馬は無事直作を江戸に届ける

ことが出来るのか?

後半で、家綱と酒井雅楽頭の思惑が

書かれている。家綱のと言うべきか。。


次が読みたい~。[かわいい](*´ω`*)[かわいい]


nice!(25)  コメント(0) 

伊賀者同心手控え 大奥騒乱   上田秀人 [読んだ本]

s-17.02_04.jpg

十代将軍家治の時代。

家治の寵臣 田沼意次を失脚させるため

大奥を混乱させようとする松平定信。

危機を察した大奥上臈 飛鳥井は、

大奥表使い 大島を呼び、御広敷伊賀者

同心 御厨一兵を使い対処するように命じる。

そんな中、大奥上臈 滝川の部屋子 すわが

懐妊したとの噂が流れる。







面白かったけど、主人公の御厨一平に

魅力が無いし、周りも腹黒ばかりで

ドロドロしっぱなしだった。(苦笑)

まぁ、でも最後はいい感じに落ち着いたと

思う。うん。。。[かわいい](*´ω`*;)[かわいい]



nice!(25)  コメント(0) 

波乱 百万石の留守居役(一)   上田秀人 [読んだ本]

闕所のシリーズを読み終わったので、次は

コレ。
 [バッド(下向き矢印)][バッド(下向き矢印)][本][バッド(下向き矢印)][バッド(下向き矢印)]

s-17.02__01.jpg



 

四代将軍家綱の時代。

次期将軍に加賀藩主 前田綱紀を擁立

しようと動きだした大老酒井雅楽頭忠清。




加賀藩潰しの策略なのか?

それとも他の意図があるのか?

加賀藩でも藩主を将軍にすることに

賛成派と反対派に別れた。

加賀藩主より、江戸に呼び出された

加賀藩の重臣 前田直作。


賛成派の前田直作は、反対派より

命を度々狙われていたため


加賀藩士の瀬能数馬を江戸迄の

護衛役に選んだ。

ちなみに主人公は、瀬能数馬。





面白かった。

次が早く読みたい。(o´艸`)[るんるん]




nice!(23)  コメント(0) 

奉行始末 - 闕所物奉行 裏帳合(六) 上田秀人 [読んだ本]

s-17.02_.jpg

江戸時代。
闕所(けっしょ)とは、財産を取り上げられる
刑のことで、その手続きを行うのが闕所物奉行。
榊 扇太郎は、目付の鳥居耀蔵の引きで
小人目付より闕所物奉行へと昇進していた。





大御所家斉の死によって職を解かれた

寵臣達は政権返り咲きを図り、吉原を含め

江戸の闇の支配を狙う狂い犬の一太郎を

使い最後の勝負に出た。


江戸の大惨事を阻止するため、朱鷺との

生活を守るため扇太郎は腹を括って最終

決戦を迎える。

面白かった。

けど、最終回なんだから

朱鷺との“その後”も欲しかったなぁ。

でも満足。[かわいい](*´ω`*)[かわいい]


nice!(21)  コメント(1) 
前の10件 | -