So-net無料ブログ作成
検索選択

娘始末 - 闕所物奉行 裏帳合(五) 上田秀人 [読んだ本]

s-17.02_02.jpg

江戸時代。
闕所(けっしょ)とは、財産を取り上げられる
刑のことで、その手続きを行うのが闕所物奉行。
榊 扇太郎は、目付の鳥居耀蔵の引きで
小人目付より闕所物奉行へと昇進していた。







遊女の自害が相次いだ。



男から自死を迫られている女を助けた

扇太郎。

女は遊女で、男はその父であった。

借金の形に娘を売った旗本が改易を

恐れ、遊女となった娘に自殺を強要

していた。

元遊女の朱鷺も、父親に狙われる。




扇太郎は、朱鷺を守れるのか?

これもまた一太郎の仕業なのか?

今回も面白かった。 

次が最終巻。

楽しみだぁ~~~[かわいい](*´ω`*)[かわいい]






nice!(23)  コメント(0) 

nice! 23

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。