So-net無料ブログ作成
検索選択

奉行始末 - 闕所物奉行 裏帳合(六) 上田秀人 [読んだ本]

s-17.02_.jpg

江戸時代。
闕所(けっしょ)とは、財産を取り上げられる
刑のことで、その手続きを行うのが闕所物奉行。
榊 扇太郎は、目付の鳥居耀蔵の引きで
小人目付より闕所物奉行へと昇進していた。





大御所家斉の死によって職を解かれた

寵臣達は政権返り咲きを図り、吉原を含め

江戸の闇の支配を狙う狂い犬の一太郎を

使い最後の勝負に出た。


江戸の大惨事を阻止するため、朱鷺との

生活を守るため扇太郎は腹を括って最終

決戦を迎える。

面白かった。

けど、最終回なんだから

朱鷺との“その後”も欲しかったなぁ。

でも満足。[かわいい](*´ω`*)[かわいい]


nice!(21)  コメント(1) 

nice! 21

コメント 1

ぴーすけ君

3月になりましたね~
これからどんどん温かくなっていくのが楽しみです。
まだまだ寒いので お体に気をつけて。
by ぴーすけ君 (2017-03-02 12:57) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。