So-net無料ブログ作成
検索選択

思惑  百万石の留守居役(二)  上田秀人 [読んだ本]

s-17.02_03.jpg

四代将軍家綱の時代。

病弱な家綱のあとにと、次期将軍として

加賀藩主前田綱紀に酒井雅楽頭より

打診されていた。

加賀藩内では、賛成と反対に別れ

ただ1人の賛成派の前田直作が度々

命を狙われた。

直作の身を案じ、藩主綱紀は

直作を江戸藩邸に呼び寄せる。

江戸迄の道中も命を狙われる危険が

あるため直作は、剣の腕が立つ加賀

藩士の瀬能数馬を警備役として同行

させる。



数馬は無事直作を江戸に届ける

ことが出来るのか?

後半で、家綱と酒井雅楽頭の思惑が

書かれている。家綱のと言うべきか。。


次が読みたい~。[かわいい](*´ω`*)[かわいい]


nice!(25)  コメント(0) 

nice! 25

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。