So-net無料ブログ作成

奥右筆秘帳 侵蝕(三)   上田秀人 [読んだ本]

s-18.02__02.jpg







十一代将軍家斉の時代。








将軍になりたい為に我が子の命を


狙う将軍家斉の父、一橋民部卿。





薩摩島津筋として、大奥御台所の


もとへある女中を送り込む。




薩摩藩島津家の三女である御台所


茂姫の女中追加の書類を受け取っ


奥右筆組頭の立花併右衛門は、


松平定信に報告する。




この時期の追加に不審を持ち調べ


ることに。





新規女中の身元を調べる併右衛門と


護衛役の衛悟は、薩摩藩より刺客を


放たれる。





面白かった~。[かわいい](*´ω`*)[かわいい]

nice!(29)  コメント(0) 

nice! 29

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。