So-net無料ブログ作成

奥右筆秘帳(七) 隠密  上田秀人 [読んだ本]

s-18.04_.jpg






十一代将軍家斉の時代。





老中松平定信は、併右衛門を取り込


む為に奥右筆組頭 立花併右衛門の


一人娘瑞紀に格違いの縁談を持ち込


んだ。





しかし取り込まれるのを拒んだ併右衛


門はその縁談を断っていた。





断られた縁談相手は、顔を潰されたと


思い瑞紀を掠ってしまう。





併右衛門を取り込めなかった松平定信


は、併右衛門を排除しようと動き出す。





面白かった~。[かわいい](*´ω`*)[かわいい]

nice!(27)  コメント(2) 

nice! 27

コメント 2

旅爺さん


爺は昔白河城主にもなった松平定信公の居城の下で育ったんです。殿~~~~~!”(-_^)/””””””
by 旅爺さん (2018-04-09 16:54) 

旅爺さん

桜が終わると今度はチューリップ、
でも次のツツジが楽しみですね。
by 旅爺さん (2018-04-12 09:55) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。