So-net無料ブログ作成

禁裏付雅帳(六) 相嵌   上田秀人 [読んだ本]

s-18.05__01.jpg








十一代将軍家斉の時代。






東城鷹矢は、松平定信の密命を受け


禁裏付として京に赴任していた。





武家伝奏広橋中納言の助言により


公家との話題作りの為、罠だと知りな


がら坂本まで物見遊山に出掛けた


鷹矢達一行。






案の定、帰り道で襲われる。


二条家に戻された公家の女 温子が


罠と知った時点で禁裏付屋敷に走るが


鷹矢達は無事に生きて帰られるのか?





面白かった~。[かわいい](*´ω`*)[かわいい]

nice!(21)  コメント(0) 

nice! 21

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。