So-net無料ブログ作成

娘始末 - 闕所物奉行 裏帳合(五) 上田秀人 [読んだ本]

s-17.02_02.jpg

江戸時代。
闕所(けっしょ)とは、財産を取り上げられる
刑のことで、その手続きを行うのが闕所物奉行。
榊 扇太郎は、目付の鳥居耀蔵の引きで
小人目付より闕所物奉行へと昇進していた。







遊女の自害が相次いだ。



男から自死を迫られている女を助けた

扇太郎。

女は遊女で、男はその父であった。

借金の形に娘を売った旗本が改易を

恐れ、遊女となった娘に自殺を強要

していた。

元遊女の朱鷺も、父親に狙われる。




扇太郎は、朱鷺を守れるのか?

これもまた一太郎の仕業なのか?

今回も面白かった。 

次が最終巻。

楽しみだぁ~~~[かわいい](*´ω`*)[かわいい]






nice!(23)  コメント(0) 

旗本始末 - 闕所物奉行 裏帳合(四) 上田秀人 [読んだ本]

17.02.03.jpg

江戸時代。

闕所(けっしょ)とは、財産を取り上げられる

刑のことで、その手続きを行うのが闕所物奉行。

榊 扇太郎は、目付の鳥居耀蔵の引きで

小人目付より闕所物奉行へと昇進していた。






失踪した旗本の行方を捜索していくうちに、

莫大な借金をしていたことや、借金の返済の

ために娘を吉原に沈める旗本が増えている

ことを知る扇太郎。

大御所 家斉派と将軍 家慶派の対立と

吉原支配を狙う狂い犬の一太郎の

争いに巻き込まれていく扇太郎。

今回も面白かった。

満足。[かわいい](*´ω`*)[かわいい]

 


nice!(20)  コメント(0) 

赤猫始末 - 闕所物奉行 裏帳合(三) 上田秀人 [読んだ本]

s-17.01__04.jpg

 [ひらめき] 江戸時代。

闕所(けっしょ)とは、財産を取り上げられる

刑のことで、その手続きを行うのが闕所物奉行。



旗本の屋敷ばかりが火事にあう事件が続いた。

火事にあった屋敷の主は、将軍の父である

大御所 家斉の寵臣であったり、現将軍の側近で

あったりした。

温情が下ると思われたが、闕所となるような

重い処分だった。



そんな闕所の処分に、大目付が介入し

闕所奉行である榊 仙太郎は

権力争いに巻き込まれていく。



面白かったぁ~~~。[かわいい](*´ω`*)[かわいい]




nice!(22)  コメント(0) 

ヨーレのクマー  宮部みゆき [読んだ本]

s-17.01__05.jpg


[リボン] 宮部みゆきの絵本 [リボン]


ちょっと興味があって借りてみた。

絵本は、ほっこりするものが好き。[黒ハート]

これは、ほっこりしなかった。


       (´・ω・`)

nice!(6)  コメント(0) 

闕所物奉行 裏帳合2  蛮社始末   上田秀人 [読んだ本]

s-17.01_01.jpg

江戸時代。

闕所(けっしょ)とは、財産を取り上げら

れる刑のことで、その手続きを行うのが

闕所物奉行。
 
榊 扇太郎は、目付の鳥居耀蔵の引きで

小人目付より闕所物奉行へと昇進していた。


闕所となった蘭学医高野長英の

屋敷から一通の書付を発見する扇太郎。

それは町奉行所の大掛かりな探索が

行われた後に出てきた品であった。

それの意味するものは?




鳥居の罠に巻き込まれないために

扇太郎はうまく立ち回れるのか?





まだ完結では無いけど

すごく面白かった。[ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)](*´ω`*)[ぴかぴか(新しい)]


nice!(19)  コメント(1)