So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

孤宿の人(上)(下)  宮部みゆき [読んだ本]

s-18.05__09.jpgs-18.05__10.jpg





この本、以前読んでるんだけど内容が
しっかり思い出せなくてまた図書館か
ら借りてしまった。(*´ω`*;)ゞ
十一代将軍家斉の時代。
讃岐国丸海藩で、流罪となった幕
人・加賀殿を預かることになった。
金比羅代参で江戸から連れてこられた
“ほう”は、この地に置き去りにされた。
九歳で少しおつむが弱い女の子
“ほう”。
加賀殿が来て以来起こる、領内で
不審な死。
怯える領内での人々。
丸海藩の事情、不審死が続くお家
の事情、加賀殿の罪状。
読むのは2度目なのに、覚えていた
のは、“ほう”と加賀殿は会話してた
よなぁ~~~っていう事と
最後加賀殿とメインの誰がが亡くな
たような・・・程度だった。(苦笑)
2度目なのに最後泣いてしまった。
切ないけどすごく面白かった。
2度目だけど。。。(苦笑)


nice!(24)  コメント(0) 

nice! 24

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。