So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

この世の春(上)(下) 宮部みゆき [読んだ本]

s-18.07_03.jpg

s-18.07__04.jpg





第六代将軍  家宣の時代。




北見家の六代藩主重興が、“主君押込”に


あい、隠居させられることになった。


藩主の別邸・五香苑の座敷牢に幽閉され


重興。


重興は幼少の頃から記憶が途切れたり


不可解な言動をすることがあった。


重興は悪霊に取り憑かれているのか?


それとも心の病なのか?



作事方の娘・各務多紀は、“御霊繰(みた


まくり)"によって事件に巻き込まれていく。




そして重興を想う人々によって謎が解明


されていく。




またまた物語に引き込まれてしまった。


すごく面白かった。[かわいい](*´ω`*)[かわいい]

nice!(29)  コメント(0) 

nice! 29

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。