So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

禁裏付雅帳(七) 仕掛  上田秀人 [読んだ本]

s-18.11__02.jpg






十一代将軍家斉の時代。





東城鷹矢は、松平定信の密命を受け


禁裏付として京に赴任していた。



鷹矢を陥れる為に禁裏付役屋敷に


押し込んできた温子の父・南條蔵人


を取り押さえる鷹矢。


蔵人の口封じの為、動き出す敵陣。



そんな中、光格天皇と目通りが出来る


ことになった鷹矢。




う~ん、面白かった。[かわいい](*´ω`*)[かわいい]


nice!(29)  コメント(0) 

nice! 29

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。