So-net無料ブログ作成

かわうそ    あさのあつこ [読んだ本]

s-19.05__02.jpg




太物問屋“あたご屋”は、中堅どころ


のお店。




17歳になる一人娘・お八重は、母は


なくしたものの、父・重蔵、祖母・久利、


伯母・お竹と、お八重付きの16歳の


女中・おちかとともに何不自由なく


暮らしていた。




ある日一人でお使いにでかけた時、


“かわうそ”と名乗る男に出会い、恋に


落ちたお八重。


会いたい気持ちを抑えられずかわうそ


を探すお八重。


心ここにあらずのお八重に寄り添う


おちか。


そんなお八重の周りで、死がまとわりつく。


お八重の周りで何が起こっているのか?




世間知らずの若い娘が恋に落ち、無謀


な行動に出る。


読んでいて少しばかりイライラしながらも


若さ故のわからなくもない気持ちもあり。


(苦笑)



でも、まあ面白かった。[かわいい](*´ω`*)[かわいい]

nice!(31)  コメント(0) 
共通テーマ:

nice! 31

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。