So-net無料ブログ作成

かわうそ    あさのあつこ [読んだ本]

s-19.05__02.jpg




太物問屋“あたご屋”は、中堅どころ


のお店。




17歳になる一人娘・お八重は、母は


なくしたものの、父・重蔵、祖母・久利、


伯母・お竹と、お八重付きの16歳の


女中・おちかとともに何不自由なく


暮らしていた。




ある日一人でお使いにでかけた時、


“かわうそ”と名乗る男に出会い、恋に


落ちたお八重。


会いたい気持ちを抑えられずかわうそ


を探すお八重。


心ここにあらずのお八重に寄り添う


おちか。


そんなお八重の周りで、死がまとわりつく。


お八重の周りで何が起こっているのか?




世間知らずの若い娘が恋に落ち、無謀


な行動に出る。


読んでいて少しばかりイライラしながらも


若さ故のわからなくもない気持ちもあり。


(苦笑)



でも、まあ面白かった。[かわいい](*´ω`*)[かわいい]

nice!(31)  コメント(0) 
共通テーマ:

ゆらやみ   あさのあつこ [読んだ本]

s-19.05_.jpg





幕末、石見銀山の間歩と呼ばれる坑道で


生まれたお登枝は、美貌を見込まれ女郎


引き取られた。




遊郭一の女郎となっても、銀堀の“伊夫”を


一生涯想い続けたお登枝の人生。




思いの外すごく面白かった。[かわいい](*´ω`*)[かわいい]

nice!(37)  コメント(0) 
共通テーマ:

花王 バブ The Aroma [モラタメ]

久しぶりにモラタメさん、応募しました。[ぴかぴか(新しい)]


“タメせる”やつのほうです。(*´ω`*)


花王のバブ The Aroma 2種6点


コレ[バッド(下向き矢印)] 980円(税抜)でお試しです。^^


s-19.05_04.jpg


s-19.05__05.jpg


2種類の箱ですが、それぞれの箱に


4種類入っていて、各3錠ずつ。


早速お風呂でリラックスさせていた


だきました。[揺れるハート]


アロマの香りで気分は上々です。[グッド(上向き矢印)][グッド(上向き矢印)]





nice!(14)  コメント(0) 

薫風ただなか  あさのあつこ [読んだ本]

s-19.04_05.jpg





江戸時代後期。




十五万石を超える富裕な石久藩には、


藩校と薫風館があった。


藩校は、武士の子息が通い家格で全て


の順列が決まる。


薫風館は、学ぶ志と能力さえあれば身


分に関係なく学べる。




藩校に通って身も心も傷つけられた鳥羽


新吾は、薫風館に転学する。


そこで弘太郎と栄太に出会い、刺激を受


けながら成長していく。




そんな中、妾宅で暮らす父が久しぶりに


帰宅し、人払いし、新吾に驚くべき指示を


出す。




面白かったけど、裏の部分が省かれていて


なんか気分は未消化状態。(苦笑)


でもまあまあ面白かったかな。[かわいい]



nice!(32)  コメント(0) 
共通テーマ:

禁裏付雅帳(八) 混沌  上田秀人 [読んだ本]


s-19.05_03.jpg





十一代将軍家斉の時代。




東城鷹矢は、松平定信の密命を受け


禁裏付として京に赴任していた。




闇の組織に攫われた弓江を、大勢の


敵が待ち受ける中、檜川と2人で現場


へ急行する鷹矢。


弓江を救い出すことが出来るのか?




明らかになる闇の組織の頭領の正体。




うん、面白かった。[かわいい](*´ω`*)[かわいい]

nice!(37)  コメント(2) 
共通テーマ:

心霊探偵八雲11 魂の代償  神永学 [読んだ本]

s-19.04__02.jpg





大学敷地内の建物の地下から、


沢山の札が貼られた不気味な箱が


見つかった。


その箱を開けると赤い目の男が


現れたという。


怯えた女性から相談を受けた記者


の真琴は、八雲に相談する。




幽霊に怯える少女がいるという相談を


受け、英心は後藤を連れてその少女の


家を訪れていた。




通報を受けて、ある廃屋を調べに来た


刑事の宮川と石井。


そこで少女の幽霊を見た石井。




八雲のもとには、女性の霊が助けを求め


てきた。




それぞれを調べていくうちに、全ての幽霊


騒ぎが繋がっていく。




面白かった~~~。[かわいい](*´ω`*)[かわいい]







nice!(34)  コメント(1) 
共通テーマ:

一鬼夜行 つくも神会議  小松エメル [読んだ本]

s-19.04__04.jpg




荻の屋の店主で妖怪も恐れる


閻魔顔の喜蔵。


その喜蔵の周りには、様々な


“つくもがみ”がいる。


そのつくもがみ達の短編集。



まあ面白かった。[かわいい](*´ω`*)[かわいい]






nice!(36)  コメント(0) 
共通テーマ: