So-net無料ブログ作成

お文の影  宮部みゆき [読んだ本]

s-19.06__03.jpg



短編6話。




壺の描かれた掛け軸にまつわる“坊主の壺”


“ぼんくらシリーズ”の政五郎親分とおでこが


登場する“お文の影”



“三島屋シリーズ”の青野利一郎と、悪ガキ

3人組が活躍する“討債鬼”



他3話。



以前読んだことがある本だけど


タイトルとあらすじを読んでも


内容が思い出せなくて


再度読んでみた。[たらーっ(汗)]



読み終わったあとに


「そういう内容だった[るんるん]


と思い出した。


読み終わった後にね・・・。(苦笑)


2度目でもすごく面白かった。


[かわいい](*´ω`*)[かわいい]


nice!(33)  コメント(0) 
共通テーマ:

たまゆら   あさのあつこ [読んだ本]

s-19.06__04.jpg



山の奥に入る“入口”に住む老夫婦。


そこに若い1人の女性が辿り着いた。


ある男を探す為に、更に山奥に入ると


いう。


女性と共にその男を探す為に


一緒に山に入ることになった老夫婦。


訳ありの女性と、訳ありの老夫婦。


すごく面白かった。[かわいい](*´ω`*)[かわいい]

nice!(33)  コメント(0) 
共通テーマ:

ぬばたま   あさのあつこ [読んだ本]

s-19.06_06.jpg





短編4話。


どれも共通の“山”に関係する話。




全てを失った中年の男が、ふと故郷


“あの山の奥”に行ってみようと思


い立つ話。




子供の頃好きだった少年から呼ばれ


“あの竹林”に向かうナルミ。




幼なじみの3人組。


そのうちの1人輝樹が自殺した。


葬式が終わった後、卓也に誘われ


“あの裏山”に行く恭平。




死者が見える少女。


街で声を掛けてきた若い男も


見えるという。





じわっと怖いけど面白かった。


[かわいい](*´ω`*)[かわいい]


nice!(36)  コメント(0) 
共通テーマ:

悪夢の棲む家(上・下)  小野不由美 [読んだ本]

s-19.06__02.jpg


 s-19.06__05.jpg








念願のマイホームを手に入れて


はしゃぐ母と娘の家で怪現象が


現れる。


調査に乗り出した渋谷サイキック・


リサーチの所長・渋谷と助手の麻


衣達。



鏡で塞がれた窓や扉。度々落ちる


ブレーカー。


何かを訴えかける声。


調べていくうちに明らかになるその


家にまつわる過去。




挿絵が古くさいわ、下手くそだわで


気になってしまう。(苦笑)


内容も、怖さが全くなかった。


やっぱりつまらなかった。(=_=[たらーっ(汗)])

nice!(32)  コメント(0) 
共通テーマ:

ゴーストハント  小野不由美 [読んだ本]

s-19.06__01.jpg




“出る”という噂のある旧校舎を取り


壊そうとすると事故が起こったりして


工事が進まない為、祓い屋やゴース


トハント達を呼び寄せた校長。


ゴーストハントの青年が旧校舎


録画機材などを設置する為、ひょ


んなことから手伝わされる羽目にな


女子学生・麻衣。


“出る”噂は本当なのか?[モバQ]





どこかのレビューで“怖い”って書い


あったので試しに読んでみた。


怖くもないし正直つまらなかった。[ふらふら]




“悪夢の棲む家”上下巻も借りている


のだけど期待値ダダ下がり。[バッド(下向き矢印)][バッド(下向き矢印)][バッド(下向き矢印)]


面白いと良いなぁ。。。(´・ω・`[たらーっ(汗)])

nice!(34)  コメント(0) 
共通テーマ:

もう一枝あれかし  あさのあつこ [読んだ本]

s-19.06_.jpg



前に読んだ“火群のごとく”で登場


する小舞藩が舞台。


短編5話。



すれ違う子供が泣きだすほど醜い男の恋の行方。


夫が自決した後、残された妻の想いと覚悟。

 





面白かったけど、結末がどれも


ハッピーエンドでは無いのが


私としては残念。[ふらふら]


やっぱり最後は、すっきりハッピー


エンドが良い。。(´・ω・`)

nice!(32)  コメント(0) 
共通テーマ:

火群のごとく  あさのあつこ [読んだ本]

s-19.05__07.jpg






年の離れた兄・結之丞が、背後から


襲撃され殺された。


剣の遣い手だった兄が刀を抜かな


いまま斬り殺されたことに困惑する


弟の林弥





ある日、江戸から来た家老の息子


透馬と出会い、兄の死の真相を探る


ことに。。。



面白かった。[かわいい](*´ω`*)[かわいい]

nice!(33)  コメント(0) 
共通テーマ:

待ってる   あさのあつこ [読んだ本]

s-19.05_05.jpg




12歳になったおふくは、深川の料理茶屋


橘屋に奉公が決まった。


仲居頭のお多代は、おふくを厳しく躾ける。




橘屋を中心に、おふくやお多代を交えな


がら話がすすむ。



面白かった。[かわいい](*´ω`*)[かわいい]


nice!(35)  コメント(0) 
共通テーマ:

日雇い浪人生活録(七) 金の記憶   上田秀人 [読んだ本]

s-19.05__08.jpg






九代将軍家重の時代。





亡き吉宗の遺言により、財政改革を


命じられた田沼意次に力を貸すこと


なった両替屋・分銅屋仁左衛門。


そして分銅屋の用心棒・諫山左馬介。





改革を推し進める田沼の動きを探ろう


とする者達を洗い出す為に仕掛けた


策に獲物がかかりだす。




元同心の佐藤猪之助もまた、しつこく


左馬介を追っていた。




面白かった~。[かわいい](*´ω`*)[かわいい]



nice!(35)  コメント(0) 
共通テーマ:

浮雲心霊奇譚 赤眼の理 神永学 [読んだ本]

s-19.05__09.jpg




時代は、江戸末期。


呉服屋の息子・八十八(やそはち)は、


霊に憑かれ奇妙な行動をとるように


なった姉・お小夜を助けてもらう為、


憑きもの落としの名人を訪ねた。


その男は、霊が見えると言う赤眼の男。


名を言わないので、八十八は“浮雲”と


呼んだ。




心霊探偵八雲のルーツと紹介されてい


たので読んでみた。[わーい(嬉しい顔)]


八雲と晴香のコンビが、浮雲と八十八


のコンビに変わった感じ。


でも八雲シリーズより、こっちの方が


断然好きかも。[黒ハート]



面白かった。[かわいい](*´ω`*)[かわいい]

nice!(32)  コメント(0) 
共通テーマ: